Wizard Girl Ambitious

Episode 1

Information

騎士見習いの”海神慶”は、立派な聖騎士を目指して、”アドゥルヘイム”から旅とうとしていました。……と言えば聞こえはいいのですが、
 慶「(……悔しくない。け、決して失恋が原因で街を出ていくわけじゃないぞ)」
本当の理由は、どうやらそっちのようです。
慶は一度だけ未練たらしく街の方へと振り向き、踵を返すと故郷と外の世界を隔てている門をくぐりました。
――と。
 慶「なんだありゃ……?」
街の外壁に寄りかかるようにして座っている女の子が二人。それは、ウィザードとプリーストのようです。この近辺では見かけない美少女の二人に、慶は思わず目を奪われてしまいます。
 慶「(女ウィザード……?)」
よく見ると身に纏っている服が普通のウィザードと違います。女の子では世界で数えるほどしか存在しない最上級職・ハイウィザードでした。
傍らでニコニコとほんわかした笑みを絶やさないプリーストの女の子は
“求む壁。”と書かれた看板を持っています。
 慶「(初心者の知り合いでも連れてくるのか…?)」
ぼんやりと眺めていると、プリーストの女の子と目が合ってしまい、慶は希望者と勘違いされてしまいます。
ハイウィザードの女の子は視線さえ動かさず、不機嫌そうに”御剣アスカ”と名乗り、プリーストの女の子は、ニコニコしながら”神出おんぷ”と名乗りました。
 慶「(……ま、いいか。急ぎでもないし)」
軽い気持ちで”壁”を引き受けたまではよかったものの、実際は高レベルダンジョンの壁目的でした。アスカに叱咤され、罵倒され、おんぷに応援され、回復してもらい、フラフラになりながらも慶は2時間ほどなんとか壁をこなします。
最後まで逃げ出さなかった根性(従順ぶり)をアスカに気に入られてしまい、慶はそのまま二人の気ままな旅に同行するハメになってしまいます。
 アスカ「つべこべ言わずに、わたしについてきなさい! きっと面白いから!」
気の赴くがままに、ズケズケと物事を進めていくわがままウィザードのアスカ。
ニコニコボケボケしながらついていくおっぱいプリーストおんぷ。
二人の破天荒な行動に振り回される慶(通称:肉壁)。
次第に増え始める仲間。それにつれ膨らむアスカの野望。
3人を中心とした小さなギルドの物語は、やがて世界を巻き込んだ大騒動になっていくのでした。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *