Tokineiro

Episode 1

Episode 2

Information

『あなたには停まらない時間がある・・・・・・だから・・・・・・生きて・・・・・・・・・』

主人公はある日、雪原の中でひとり倒れているところを発見される。
館に運び込まれ目が覚めた時、彼は自分に関する一切の記憶を失っていた・・・。メイドたちから、この館の持ち主、詩条家の当主であると教えられるが、彼は困惑するのみ。心配するメイドたち・・・だが、その心の内の想いはさまざまだった。落胆、不安・・・、疑惑・・・・・・。
倒れていた時に握っていたという「鍵」を手掛かりに、主人公は自分の記憶を取り戻そうと、館内を探索し始める。だが、浮かびあがるのは館にまつわる謎ばかり・・・・。時間の概念の無い館。密かに囁かれる神隠し伝説・・・・・・。
曰く、『館に時間を持ち込んだ者は神隠しに遭う・・・・・』

母の病気と父の遺伝子研究・・・そして神隠しに隠された、殺人事件の疑惑・・・。謎が謎を呼び、主人公の混乱が頂点を極めた時、ついに事件は起きる・・・。止まっていた柱時計の針が動き出し、次々と住人たちが消えていく。 ・・・神隠しのように・・・・・・。雪に閉ざされ外界との連絡もつかず、館は疑心暗鬼に満ちる。消えた人々の行方は・・・安否は・・・・・・?これは館に伝わる神隠し伝説の再現なのか・・・・・・?圧し掛かる重圧に、徐々に精神を蝕まれていく主人公。彼には、自身に向けられる容疑を否定できない、ある秘密があった・・・・・。

館に散りばめられた数々の謎と、そこに住む住人たちの隠された思惑。
全ての謎を解き明かした先に、果たして未来はあるのだろうか・・・・・・。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *