Imo Imo Communication ~Onii-chan, Otona no Asobi Shiyo

Episode 1

Information

俺は身体に妙な感覚を覚えて目を覚ました。
ああっ、菜緒だ。 俺の上に菜緒がいる。 どうしてなのか分からないけど、寝ている俺の身体の上に、菜緒が乗っている。
それだけじゃない。俺の股間が何かに包まれてるというか、

気持ちのいいものに全体が覆われてる感じがしてる。 これはどういうことだ?
「あああぁ、何してるんだ…… ああっ」

「何って…… わかるでしょ兄貴。 はああぁ……。 セックスって……こんな気持ちいいんだ……
 ねぇ兄貴……もう出そう? 男はセックスすると、精子が出るんでしょ? 私凄い気持ちいい…… ああああぁ……。
 私イッちゃうかも…… もうすぐイキそう…… うふううううううぅ……」
「ああああっ! お姉ちゃんお兄ちゃんと! どうして? 協力してくれるって言ったのに!」

「え、ああ……。 これはほら、ちょっと試しに……ね」
「何が試しになの!」
「だってほら、真琴には兄貴のが大きすぎたりするんじゃないかなとか思って、具合を確かめてたの。私は経験者だから。
 てなわけで。やっぱ真琴にはどうかなって思うけど。痛くてもいいなら」
「うん」
「じゃあそういうことだから兄貴。 真琴が兄貴としたいんだって。 ほら、真琴も言いなよ」
「あ、うん……。 真琴、お兄ちゃんが好き。 だからセックスして」
はぁ? 何言ってるんだ二人して。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *